記憶媒体を利用する

パソコンが普及しだしてからというもの、今では各家庭に一台はあるってくらいに生活に欠かせないものになっていると思う。ケータイ電話と合わせて非実需品みたいな扱いで、僕も当然使っている。
ところで、みんなはデータをどうやって保存してる? パソコンにはハードディスクっていう記憶媒体が使われているけど、大抵の人はそこに保存してると思うんだよね。今はSSDなんてものもできてるけど、ハードディスクの速いやつ!とでも認識しとけばいいと思う。
で、そのハードディスクなんだけど、実は劣化するって知ってた? これ、知らなかったら結構危険なんだよね。自分の知らないうちにデータが全部消えてしまった!なんてことにもなりかねないからね。
それを防ぐためにも、パソコンの重要なデータはちゃんとバックアップを取る必要がある。そこで登場するのがDVDやUSBメモリなどの外部記憶媒体だね。

とはいえ、USBは小さくてなくす可能性があるし、結局はデータとして保存するから消える可能性はやっぱりある。そこで僕がオススメなのがDVD!
勿論DVDなら絶対に消えない!ってわけじゃないんだけど、DVDの良さはその管理のしやすさにあると思う。
DVDにはラベルをつけることができるし、何枚組かのケースで管理すればどこに何があるか一発でわかる。原始的な方法だけど、目で確認するのがやっぱり一番だからね。

何度も言うけど、パソコンのハードディスクが劣化するのは避けられないことなんだ。これはもう絶対に変えられないこと。だから、重要なデータだけでもいいからしっかりとバックアップをとっておくことをオススメするよ。
できればDVDだけじゃなく、他の記憶媒体にも保存しておくといいかもね。

hddの復旧の事ならパソコンに詳しい業者が対応してくれますよ!|パソコン修理110番
ハードディスクを復旧させる際はこちら!:データ復旧のことは、専門家に任せるのが良い
DVDの買取専門店なら人気店があります|有限会社文